ロゴ
HOME>オススメ情報>虫歯や歯周病の放置は危険!治療の重要性を知ろう

虫歯や歯周病の放置は危険!治療の重要性を知ろう

歯型

虫歯や歯周病になるメカニズムとは

歯が痛くなったり、ぐらついてしまったり虫歯や歯周病になると、食事のときの咀嚼などに影響し生活の質を低下させます。これらのトラブルの原因には細菌感染が深く関与しています。例えば歯周病菌はほとんどだれの体にも生息している常在菌の一種で、免疫機能が正常に機能している限り爆発的に繁殖することはありません。しかし疲労や病気などで免疫バランスが崩れると口内に蔓延し、歯周病の発症を招きます。五反田には虫歯はもちろん、歯周病の治療にも造詣の深い歯科クリニックが数多く開院しているので、気になったらいつでも受診できる環境が整えられています。口内トラブルをそのまま放置することは病状の悪化に繋がるだけなので、早めの受診を心がけて下さい。

診療室

治療することで得られるメリット

口腔は食道などを通じて全身の器官にとっての入口と言うべき部位なので、虫歯や歯周病などの口腔トラブルは全身疾患と密接に関係性を有することが知られています。特に歯周病と糖尿病には密接な関係があり、糖尿病の代表的な合併症の一つと認識されています。これは糖尿病が細菌感染への免疫機能を低下することが原因ですが、他方で歯周病は糖尿病を悪化させる作用を有しており、相互に悪影響を及ぼしあう関係にあるというわけです。そこで歯周病治療に取り組むことで、糖尿病も改善することが期待できる訳です。五反田には口腔環境を健康にするための、高い技術を有する歯科医に出会えることができるクリニックを見つけることが出来ます。たかが歯周病と軽視せずに、正面から治療に向き合うことが大切です。